コンパクトカーの中古車はこんな人におススメ

例えば共働きの夫婦がいたとします。
旦那さんはいつも車の雑誌を読むほどの車好きで、新車を運転しています。

この度奥さんが自分で買い物や子供の送り迎いをするために
免許を取ったので2台目の車がほしいが、新車を買うほどは資金がない。

よって中古車を考えることになりますが、このときにコンパクトカーを考えてほしいのです。
コンパクトカーの特徴は、まず軽自動車並みの燃費と小回りの利きの良さです。

そして車体に対しての中の空間の広さも特徴の一つです。
初心者の奥さんでも運転しやすいですし、子供や買いもので買った荷物を積むのにもとても便利です。

おそらく旦那さんが読んでいる中古車情報誌などで情報を集めれば50~60万円程度で
コンパクトカーの中古車が売りに出されていることもあるのです。

その中古車の今までの走行距離と旦那さんのこまめな車の手入れ及び整備があれば、かなりの長期間使用できると思います。奥さんのために少し頑張ってみてはどうでしょうか。

親子

人気のコンパクトカーの中古車を狙おう

今の時代、コンパクトカーという車の種類が注目されています。
環境にやさしいということでエコカー減税の対象になっていますが、
やはり新車なので本体価格だけで200万円を超えることがあります。

そこで人気車種のコンパクトカーについては中古車を狙って安く買う方法があります。
人気車種であるからこそ市場に多く出回ります。

そして買った人の中には様々な事情でそのコンパクトカーを手放す人が出てきます。
よってネット上の複数の中古車検索サイトをこまめにチェックしていれば、
自分のほしい車種で、走行距離が数千キロ未満という、ほとんど走行していないような
中古車が70~80万円で売られていることがあるのです。

その中古車が自分の地域にあるのならすぐに販売店に連絡し、在庫があることを確認した上で販売店に出向き、
実物のチェックと共にその車の手放すこととなった事情などを聞いてみましょう。
その事情が走行に関係ないなら購入しても良いと思います。

ネットでコンパクトカーの中古車を探そう!

インターネットで色々なものの買い物ができる時代となりました。
今では中古車もインターネットで調べることのできる時代です。

さて、現在国内、海外メーカーを問わずコンパクトカーという車種が注目を集めています。
コンパクトカーは普通車の規格で軽自動車並みの燃費を実現しているので環境志向の現代で注目されているのです。

コンパクトカーの中古車について調べるときも、専用の検索サイトで検索をすればそれぞれの地域にある
コンパクトカーの中古車を見つけることが出来ます。

時には1万キロもしくは1千キロ未満の走行距離の中古車が100万円未満の価格で売られていることもあります。
その検索サイトで自分の欲しい車種や色やほしい装備、
地域などで絞り込み検索を行って自分の希望する条件の車を見つけてみましょう。

見つけたらその販売店に実際に出向いてその実物を見て車体やタイヤの状態など色々な部分のチェックを行い、購入するかしないかをよく考えましょう。

インターネット

息子(娘)の最初の車は中古車のコンパクトカーで

親にとって免許の取りたての息子または娘の最初の車をどうしようかという問題があります。
価値観にもよるでしょうが、「新車は自分のお金で買え」ということで中古車を買う親の人もいると思います。

そして安く、運転がしやすい軽自動車を選ぶ人が多いと思いますが、
できればコンパクトカーを選んでほしいと思う理由について書きたいと思います。
コンパクトカーの特徴の一つは軽自動車並みの小回りの良さです。

よって軽自動車でなくても運転初心者である息子や娘でも運転できるというメリットがあります。
またコンパクトカーは万一事故に合った時の衝突に対する安全性が軽自動車より優れています。
自分は初心者マークを外してから数年がよく事故が起きるから、
特にこの時期は事故に気をつけろという話を自分の父からよく聞かされました。

これは息子さんや娘さんの命にかかわる話です。
中古車販売店を複数回ってお手頃な価格の中古車を探して、息子さんや娘さんに合った車を買いましょう。

コンパクトカーの中古車を勧めるときは・・・

車関係の仕事をしているので、他の人から車を買い替えたいという相談を受けます。
その相談でどのような車がいいのか迷っている場合、
自分はその人の今の車についての不満を紙に書かせることにしています。

そしてこの中で「車の中が狭い」「車のパワーがない」という不満があるのならば自分はコンパクトカーを勧めます。
コンパクトカーは居住空間が広く、普通車並みのパワーを持っているのでこの不満を一気に解消してくれます。
その後、新車を買う余裕がないのなら中古車を買うよう勧めます。

中古車情報誌や中古車販売店で調べれば予算に合ったコンパクトカーが見つかるかもしれません。
後は走行距離がどれだけあるのか、装備品のオプションがあるのか、
これから新しくつけるのかという問題になっていきます。

みなさんも車を買い替えるときに今の車の不満を紙に書いていく方法を試してほしいと思います。そこから自分の欲しい車のイメージをつかんでから車探しを行いましょう。

書く