軽自動車人気

黄色のナンバープレートで判断する以外に、軽自動車とコンパクトカーの違いがよく分からなかったんだけど、税金の額も高速代も軽自動車の方がかなり安く済むんだな~( ゚o゚)
輸出先も、コンパクトカーがヨーロッパなどに輸出されているのに対して、軽自動車はアジアの一部の国だけらしい。
きっと安全基準等、色々な取り決めがあるんだろうね。
日本車は信用出来るし、見た目変わらず、燃費よく、小回りがきいて、税金が安いとなると、軽自動車の人気が出るのは当然だな

軽自動車

そうでもないか~

セブンイレブンの宅配用に導入されてるコンパクトカー??? ミニカー???なんだけど、最初は凄く可愛く思えたんだけど、そうでもないかも???  1人乗り用で小回りも自由に利きそうだから、ペーパードライバーの私でも、練習次第で乗れるようになるんじゃないかと興味深々ではあるんだけど、正面から見た顔がイマイチだった・・・あと、あの色はセブンで決まってるのかなぁ・・・カナブンみたいな緑色・・・もうちょっと他の色の方がいいのになぁ(-。-;)   

オークション代行でコンパクトカーの中古車を買う

最近のインターネットの発達により、
中古車がどのような価格でどこに売られているかがパソコン上で分かる時代になりました。

よって安いコンパクトカーの中古車を効率的に買うことが出来ますが、
もっと安く中古車のコンパクトカーを買う方法があります。

全国各地には業者が在庫で抱えている車を競りに出すオートオークションという場があります。
基本この競りは古物商の資格を持つ業者しか参加できませんが、
お客とその業者間との間で「○○というコンパクトカーの△△年式を~万円まででほしい」という
約束を交わし、条件に合う車を競り落としたらそのお客に引き渡すというほ法です。

この方法を「オークション代行」といい、
この業務を行っている業者はインターネットで探せばたくさん見つかります。

中古車の中身を見ずに引き渡されるというリスクはありますが、
うまくいけば車の卸値+手数料という破格の安値で中古車のコンパクトカーを買える方法だと思います。

オークション代行

中古車のコンパクトカーを試乗する時は

現在は環境に優しいなどで注目されているコンパクトカーという車が
中古車として安値で売られている時代です。

そこで中古車販売店などで気にいったコンパクトカーを見つけ、
実物の色々な部分をチェックした後は最後に試乗しようということになります。

そこで試乗する時にチェックしたいことを書いていきます。
コンパクトカーを買いたいと思う理由として毎日の通勤での
運転を軽自動車よりも快適に過ごしたいということがあると思います。

そこでその中古車でチェックしたいのは運転しているときのシートの乗り心地です。
ただ単にシートに座っただけでは分からないと思うので運転しているときに確かめてほしいのです。

後はコンパクトカーの売りの一つでもあるエンジンの調子です。
アクセルを踏み込んだ時変なエンジン音は出ていないかは確かめましょう。

また念のためにATの変速時のショックはないか、変速してからのタイムラグはないかなどのチェックも怠らずにしておきましょう。

中古車のコンパクトカーを選ぶポイント

中古車のコンパクトカーを買うと、実は中古車の軽自動車より維持費が安く済むことがあります。
ここではコンパクトカーを選ぶポイントについて説明します。

まずコンパクトカーの魅力は車体の軽さに対するパワーの大きさです。
よって中古車として買うならばエンジンの状態はチェックしておきたい所です。

販売店で実物を見るときに、エンジンの状態の良し悪しが分かるようにしておきましょう。
その車の寿命にも関わっていきます。

次にデザインの問題です。
元々コンパクトカーは女性で働いている人が通勤用に使うことが想定されているため、
特に男性には不向きなデザインが多いです。

気に入らないデザインの車だと特に男性は他の車を欲しがるものです。
男性向きのデザインのコンパクトカーもありますので、カタログを見て、
販売店で実物の全体像を見て購入するかどうかを決めてほしいと思います。

後は本体価格やメーカー保証があるのか、装備品のオプションをどうするかを決めていけばいいでしょう。

コンパクトカー

コンパクトカーの中古車としての査定について

自分が欲しいと思ったコンパクトカーを買ってはみたものの、
期待していたパワーが出ていない、
燃費が良くないなどの理由で他のコンパクトカーに買い替えたいと思う人もいると思います。

しかしまだ今はコンパクトカーは売却する、または下取りするときに高く引き取ってくれる車種ではありません。
そこで少しでも中古車としての価値を上げた上で売る方法を書きます。

インターネットの中古車査定サイトの中には複数の買い取り専門会社に
自分の車の種類や年式、走行距離などの条件を打ち込んだら
一括して査定額を出してくれるサイトがあります。

そして一番査定額の出た買い取り専門会社に行って中古車として買い取ってもらうのも一つの手。
またはその査定額を理解した上で販売店での買い取り額、
または下取りの話し合いを行うのも一つの手だと思います。

買い替えるコンパクトカーはどのような車にするのか、
新車にするのか中古車にするのかという問題もあるので大変だと思いますが、がんばりましょう。

コンパクトカーの中古車を買って「命を守る」

家庭の2台目、3台目という奥さんや息子さんなどが使う車として
コンパクトカーが注目されています。

ここではなぜコンパクトカーが注目されているのかを書いていきます。
国内の車メーカーが今考えていることは、万が一の事故の時、
車体がどのように壊れれば人命が助かるのかということです。

コンパクトカーの車体には特にこのようなメーカーの技術が詰まっています。
中古車情報誌や中古車検索サイトなどで調べれば、高年式で、
走行距離も短い中古車のコンパクトカーがお手頃な価格で売られていることがあります。

装備品に例えばエアバッグがついていなければオプションとして
付けてもらうことも販売店の人と話をしてみてもいいでしょう。

コンパクトカー自体、運転のしやすい車種ではありますが、
女性や免許を取って数年というドライバーは事故を起こしやすいものです。

家族の命を守るためにも事故の時の安全性は軽自動車と比べると段違いだということを考えてほしいのです。

家族

息子にコンパクトカーの中古車を買わせた話

東京の大学を卒業し、地元の企業に就職することになった自分の息子についての話をします。
勤務地まで車で行くことになりそうなので、車を選ぶことになります。
東京に住んでいたので免許を取っても本格的に運転するのはこれからでブランクがあります。
よって中古車を買わせようということになったのですが、
息子が軽自動車の黄色のナンバープレートはいやだと言いだしたのです。

そこで中古車販売店の人に聞いてみるとコンパクトカーというものがあるというのです。
「コンパクト」という名前の通り普通車より小さくて小回りが利くので運転の初心者でも安心だというのです。

ならば特に小回りが利いて、息子の気に入りそうなデザインの中古車でコンパクトカーはあるかと
販売店の人に聞いてみるといくつか候補を挙げてみた中に息子が気にいった車があったので
それを買わせることとしました。

あとは納車の後に息子の車にムダなキズをつけないよう、
運転の練習をしなければならないな、と思いました。

状態のいい中古車のコンパクトカーを買えば

実は、コンパクトカーはその車の年式、走行距離から考えて中古車として高く売れません。
その理由は、コンパクトカーを欲しいと思う客層がまだ薄いということです。

しかし逆に考えれば現在は中古車のコンパクトカーがその車の状態の割に割安で売られているということです。
そしてもし状態のいい中古車を買うことが出来たらかなりオトクです。

コンパクトカーの魅力の一つに燃費の良さがあります。
よって状態の良くない軽自動車の中古車を買い、車検代や整備代で維持費をかけるより、
状態の良いコンパクトカーの方が維持費が安くすむことがあるのです。

情報誌などで情報を集め、複数の販売店を回り、
車のチェックの方法を知っていれば状態のいいコンパクトカーに出会えると思います。

コンパクトカーはこれからもっと注目を集め、
それにつれてほしいと思う人たちも増えてくると予想されます。

もしかしたら今の時期が中古車として割安で買える最後の時なのかもしれません。

割安

私がコンパクトカーの中古車を買った理由の話

私は少し前に、中古車のコンパクトカーを購入しました。
ここでは買った理由についての話をします。私は某関東地方のJリーグのサポーターをやっています。

ホームの試合ならともかく、関東圏のアウェイの試合にもできれば車で移動したいです。
そして他のサポーター仲間2人を一緒に運びたいのです。
そこで車内がとても広いので荷物を積んだ上で同乗者を快適に運べるコンパクトカーが欲しかったのです。

中古車検索サイトを調べてみたら、地元の近くの中古車販売店にちょうどいいコンパクトカーがあることが
分かったのですぐ連絡した上でその販売店に行きました。

車自体の状態はいいのですが、他のチームのスタジアムまでの道順を調べるためのカーナビが付いていなかったので
オプションとして付けるようにした上で購入することになりました。

今では一人で行く時には他のサポーターのための荷物を積んで移動するなど重宝しています。この車を大事に扱って長い期間使いたいと思います。